久しぶりのKTV。
結婚してからというもの、遊びと言う遊びが出来なくなってしまった。


俺:お客さんが来るから接待で夜KTV行くけど良いだろ!
ピーちゃん;分かったわ、でも早く帰って来なさいよ!パロパロはダメだから!


俺:分かってるわ〜


そして夜から安定の小町へ。


俺:うわーピーナ多い。30人以上か?



KTVなどが初めての日本人はこの圧倒的な雰囲気にヤラれて、
ピーナを選ぶことが出来ない事がある。


確かに数十人のピーナが目の前に立って、
見つめられると奥手の人からすれば、選べないということになる。



俺:こういう時はタイプが入ればその娘で良いですが、
  無ければ正確の良さそうで、会話(日本語)が出来る娘を選んだほうが楽しいですよ。



それでも選べない時はタイプの娘を聞いて、
ヤマヲが候補を選んだりする。



俺:それならこの娘とあの娘当たりが良さような気がしますよ



フィリピンに何回も来ていても英語が苦手な人もいるだろう。
そうして時には英語で会話するより、日本語を話せる娘を選んだほうが良い。



俺:この中で日本語話せる子〜?
ピーナ:彼女の、この娘は上手よ!


俺:どっちが方が上手だって?
  (軽くシモネタを放り込んでいく)



KTVを楽しむためには、ピーナたちのテンションを上げるのも自分たちの仕事。


話題を振ったりして盛り上げていく。
ある程度、緊張もほぐれて来たら後はピーナと楽しんで貰うだけ。



img1



そこからヤマヲのある意味仕事が始まる。
KTVから考えるフィリピン経済だ。



俺:そう言えば何でこの仕事選んだの?
ピーナ:うーん。お姉さんが働いていたの。



俺;ええ〜そうなの?何処にいるの?
ピーナ:今は仕事ストップしているの。スポンサー見つけて日本語の勉強しているみたい。
    いまはスポンサーのコンドミニアムに住んでて最近会ってないわ〜


俺:へえ〜それでお姉さんの紹介でここで働いているんだ。
  君もそこら辺のおっさん捕まえて出してもらえばいいじゃん。
ピーナ:ええ〜若ければいいけど、おじいさんは嫌。



俺:ハハハ、結構正直じゃん。
  でも家族には何て言って仕事してるの?
ピーナ:うーん。家は田舎でクロスじゃ無いから何も言ってないわ。旦那にはこの時間には寝てるって言ってる〜



俺:へえ〜旦那いるんだ〜ピーノ?
ピーナ:そうよ。でもマニラにいるからバレないわ。



俺;あれ?歳幾つだっけ?
ピーナ:18歳よ。子供もいるわ。


俺;若っ!しかも子供もいるのかw、ということは高卒か〜
ピーナ:今生後7ヶ月ぐらい。


中々正直に話すピーナと会話が盛り上がっていく。
  

盛り上がっていくと、忘れてはいけないのはドリンクを飲ませること。
ドリンクをケチる日本人も多いが、KTVで金をケチってもしょうが無いので、状況に応じて対応していく。



そうして気が付くと1時間が経とうとしていた。


話が盛り上がっていたので、
延長をして、話はシモネタに入っていくのだった。




▼無料メルマガ(不定期配信)

・ブログでは公開できない裏情報
・マル秘フランチャイズ(FC)ビジネス情報
・海外投資の注意点をメリット&デメリットを含めて説明
・情報統制された海外投資案件の情報(合同会社スキームとは?日本では違法な理由とは?)
・格安海外転売情報 (事業投資案件、海外不動産)

無料メルマガ会員はコチラ
https://www.itm-asp.com/form/?1159


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村