昨日のブログで口座開設に必要な書類を上げた。
それの補足を少し。


銀行口座開設に必要な書類

・パスポート(原本とコピー)
・ACRカード(原本とコピー)
・ドライバーズライセンス
・他の銀行のステートメント
・電気や水道などの請求書
・賃貸契約書

57


ここで1つアドバイスを。


「すべての書類は事前にコピーを取って、
持っていけ!」


これが意外と重要だったりする。
なぜか?


コピーが無ければ原本を取られたり、
コピーに時間が掛るからだ。


たとえば、
上記の書類をコピーなしに持参すれば、
請求書やステートメントは銀行に取られる。
(以前にBPIの時は賃貸契約書のオリジナルまで取られそうになった)



俺:おいおい、それオリジナルの賃貸契約書だろ?
  なんで取るんだよ。


Olderババエ:あら、オリジナルなの?
       じゃあコピーを取るわ。


俺;(ちゃんと見えてるのか!?)



さすがに控えや領収書として必要なので、
コピーを取っておこう。


そして仮に銀行側でコピーする場合、
混んでいたり段取りが悪いとコピーだけで数十分待たされることになる。



ただでさえ、銀行が混んでいれば1時間以上待たされることもある上、
コピーなどで手間取れば時間が掛かる。



フィリピンでスマートに物事を進めようと思うなら、
自ら効率よく相手が出来るようにサポートしなければいけない訳だ。


それが銀行の場合、
事前に必要書類をすべて揃えて置いてコピーも用意するという事なのだ。


50



それでは本題、
日本円口座はは必要か?


個人的にはどっちでも良いと思うのだが、
個人の資産状況によるだろう。


日本に口座があったら、
必要なときにGキャッシュで送ればいいだけ。


ハンドキャリーで数百万も持ってくる人は、
そうそういないだろう。


フィリピンの銀行でも日本円の預金を出来る所もある。
殆どが、最低デポジット5万円からとなっているが、


しかし、考えて欲しい。
普通の銀行に円預金していて何の意味があるのか?


・動かしづらい
・使いづらい
・引き出しづらい

そんな日本円口座を持っていても意味がないのだ。


例えば、
日本円預金をする。送金するのに一度ドルやペソに変えてから送金しないといけない。

しかも時間も手数料も掛かる。


もちろん、ATMなどで引き出せないし、
窓口で日本円を引き出すにも手数料が掛かるし、銀行にキャッシュがない場合が多い。


つまり、
使えないわけだ!!!
^^^^^^^


それがまだ、HSBCならオンラインで両替できるし、
他のHSBCで同じカレンシーで送金も出来る。


それなら日本円口座を持っていてもいいかなと思うが。。。


しかし、百万単位で日本円で引き出すことは出来ないだろう。
(銀行に日本円が無い)


※HSBCなら口座に応じてATMカードを発行してくれる。
日本円口座で引き出しするとペソに両替されて金を受け取ることになる。

15883486144_0f4750541c



そして仮に日本円で纏まった金がいるなら、
メプサにある銀行の支店を使えばいい。


メプサは日系企業が有ることで、
日本円が潤沢にある。


以前に数百万を日本円で引き出す時にマネージャーに確認すると
1千万円ほどなら何時でも有るとのこと。


まあこれは特別な時だけだが、
基本的にはドル・ペソ当たりで持っていればいいと思う。


結局は、いつも言っている通り、
メインバンクはHSBCでローカル向けに、BDOやBPIでいいわけだ。


ところで、HSBCの口座開設のサポートって、
して欲しい人いますかね〜?

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村