ピーナネタの最中だが、
それより重要なことなので、途中になるが今日のブログで紹介しよう。


昨日のブログでも送金の話をしたが、
フィリピン人と結婚して日本に住んでいる場合は事情が異る。


家族のための生活費、教育費、医療費。
何かと支援をしている人もいるかもしれない。


そんな毎月仕送りをしているが、
この円安で支払額が増えたり、受取額が減ったりすることはご存知だと思う。


じゃあ、為替の対策をしているのか?
そう聞かれたらどうだろうか・・・



みんな:いやー日本に住んでいるし、日本円しか持ってないよ。


だとすると今日の内容は是非検討してもらいたい。



さて、


ニュースを見ている人なら知っているが、
ギリシャ危機。


内容はネットを調べれば済む話なので、
ここでは割愛。





問題はこれによって為替がどう動くかだ。


まあユーロのような終わっている通貨に
投資している人は少ないだろう。
(FXなら別かもしれないが・・・)


気になるのはドル・円。
今月の頭には1ドル126円程だったのが、昨日の夜には123円ほど。

少し円高になっているようだ。


8463683689_baa33ca431



もちろん、
投資をしてる人に取ってみれば、こうした自体になれば円高になるハズ。
そう考えているだろう。


個人的にはもう少し円高に成るかと思っていたが、
先延ばしが決まったことでそれほど値動きはなかった。


しかし、これはある意味チャンス。
これからの円安に備えて日本円をドルに変えるタイミングといえる。


さらに投資家の間で流れている情報では、
アメリカが9月頃に金利の切り上げをするのでは無いかと言われている。


仮にこんな事が起これば、
今の123〜124円では済まない。


130円台、140円台だって十分にあり得る話なのだ。
そう考えると、10%〜20%今より為替が変わることになる。


そうなってから「あの時変えておけば良かった」ではない。
今のタイミングでするのだ。


ヤマヲなら毎月資金を分けて為替を見ながら、
9月までにドルに変えていくだろう。
(120円を切る様なら、即全額両替する)



16836559391_67538776fd



もちろん、日本国内の外貨預金ではほぼ意味が無いので、
香港のHSBCに日本円で送金を行い、ネットバンキングで円→ドルに変えるだろう。

(最悪、シティバンクの外貨預金かな)


この方法が、
仮に投資を行なうにしても資金を動かしやすいし、
為替レートも割安で済む。


散々HSBCと言っていたので、
未だ口座を持ってないという人は居ないだろうが・・・


もし口座を持っていなければ、
セブのHSBCでも口座が開けるのでそれを活用してもらいたい。

※他の銀行でもドルアカウントを開けるが、
利便性が悪い上に、使いづらい。


日本で住んで働いている以上、
日本円以外の通貨を持っておく。


それがリスクヘッジという訳だ。
これをするかによって数カ月後には変わってくる。


両替した人:円安によって資産が増加
両替しなかった人:円安によって資産が減少


一般人には、こんなことを言っても上の空だが、
このブログを読んでいるみんなには、参考にしてもらいたい。


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村