iPhone7も発売した、
防水やフェリカなどにも対応しているので多くのiPhoneユーザーが買い替えをしているとか。


しかし、スマホやiPhoneに7〜10万円とは・・・
ガラケー時代には1万、2万円の時からすれば考えられない価格になっている。


みんな;そりゃーパソコンみたいなものだし、
    ガラケーと違って出来ることが増えたから仕方ないだろ。。。


確かにそうかも知れないが、
1,2年で買い換える物に流石にその金額は高すぎと思ってしまう。



さてヤマヲのスマホは、
2万円程度の格安スマホを使っている。

中華製のOPPO NEO7

クアッドコアCPU
メモリ1G
ROM 16G
デュアルSIM
日本語対応

これで9000ペソ程度で数ヶ月前に購入した記憶がある。
(確か俺の誕生日?)


電話やテキストだけなら問題ないスペックなのだが、
流石にアプリを複数起動させているとメモリーが足りたい用になってきた。


俺;やっぱりiPhone?
ピーちゃん;高いからダメ!


iPhone7でもCPUは未だにクアッドコアという、
2コアが高性能、2コアが高効率、これを使い分けるようだ。



そんなときに見つけてしまったスマホ

中華製の「VIVO」


https://www.vivoglobal.com/


最近の中華製は、
一昔に比べて安っぽくなく、スペックも良くなってきている。

モデル:VIVO V3
CPU;オクタコア1.5GHz
メモリ;3GB
ROM;32G
デュアルSIM(マクロ、ナノ)
指紋認証
カメラ13MP、8MP
OS;Funtouch OS (アインドロイドベースのOS;)

このスペックで1万ペソ弱の値段なわけだ。


14429463_1061729320607149_2122867006_n



オクタコア! オクタコア!オクタコア!

14459130_1061731327273615_847300601_n



俺;スペックと比べると安いな〜
  気になる言語は・・・日本語なし。



5分ぐらい悩む俺・・・


日本人とテキストするのに日本語使えないとな〜
いやでも頻度も多くないし、電話で済ますこともあるし・・・


このスペックで日本語対応のOPPO F1なら12000ペソだし、
何よりオクタコアに3GBのメモリーも良い。


悩んだ挙句、
日本語を諦め、このVIVO 「V3」に決めてしまった。

14442597_1061729307273817_1797777480_n

みんな;中華スマホって・・・w
俺;iPhoneも中華製だしw


まあスマホも1年程度で買い換えることになるだろう。


見せて貰おうかVIVOのスマホというものを。



▼無料メルマガ(不定期配信)

・ブログでは公開できない裏情報
・マル秘フランチャイズ(FC)ビジネス情報
・海外投資の注意点をメリット&デメリットを含めて説明
・情報統制された海外投資案件の情報(合同会社スキームとは?日本では違法な理由とは?)
・格安海外転売情報 (事業投資案件、海外不動産)

無料メルマガ会員はコチラ
https://www.itm-asp.com/form/?1159


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村