昨日のブログで書いた通り、
友人のめうみさんがマレーシアのジョホールバルに親子留学している。



通っているのは、イギリスの名門「マルボロカレッジ」のマレーシア校。
1年の学費が200万円以上掛かると言われている(汗)



俺:おおすげー、そんなにマレーシアでも掛かるのか・・・



そこは名門の学校、
その分整備された設備や英語・中国語を学べる環境。


そして、将来名門大学への進学も可能だろう。


年間200万以上の学費が出せるとなると、そこに通う
親の年収も必然的に高い。



ビジネスを持っていたり、
大手企業の役員だったりする。


そうなると、
その子供が将来ビジネスを引き継いだり、
弁護士や医者、または国際的に活躍する人も多いだろう。


その人脈作りも子供の内から出来ると言うわけか!!


教育に熱心な人が選ぶ理由も頷ける。
これはマレーシアだが、ここフィリピンでもそうした人は多い。



動画でも言っていたが、
教育には正解がない、だけど選択肢を増やしてやることは親にしか出来ない。



はあ〜
子供が出来ると色々大変そうだ(汗)



そうそう・・・



昨日の動画には、前編があった。


マレーシアの不動産事情も少し紹介されている。


http://youtu.be/638198zVIe0


国は違えど、
フィリピンにも共通している事が多い。