今までブログを見てくれている人は分かってくれていると思う。
通貨を分散して更に保有する国を分散するということを。


それがドル+円+新興国通貨(リンギットやルピア、ぺソ)
これに更にプラスして仮想通貨というのが入ってきそうだ。


みんな;仮想通貨〜?
    そんな信用出来ない通貨なんか保有できるか!


そういう人も日本人なら多いかもしれない。





and_470831



ではカネはなぜ「カネ」なのか?
昔は金(きん)の交換券として流通し始めた紙幣だが、今ではそれも無くなり、
政府や中央銀行の裁量で発行されるようになっている。


現実には1万円の製造コスト20円と言われるが、
それをみんなが1万円として認識して使っている。


それは政府や国、日銀の信用によって、
紙幣はカネとして認められ信用がある。



仮想通貨の場合はどうなるのか?
ビットコインの場合は取引履歴が暗号されネットを通じて監視する役目がある。


さらに無制限に発行できるわけでなく、上限を設けることで、
希少価値が生まれ需要と供給によって価格は変動する。


ビットコインでいうと今まで1ビットコイン45000程度で取引されていたものが、
最近になって60,000円を超える水準となっている。



みんな;そんなの投機マネーが流れているからだろ!




そう思うかもしれないが、
世界には自国の通貨を信用出来ない国も多い。ギリシャやキプロス、ジンバブエなど多くの国は、
その国民は通貨の信用をしていなく、他の外貨に変えて保全していた。


しかし、仮想通貨の登場によって、
為替を気にせずに海外送金が可能になり、更に値上がりすることでビットコインの認知は高まり、
セキュリティも一定の水準に有るため、いまの様な価値となってきている訳だ。



俺:そう言っても仮想通貨なら何でも良いというわけでなく、
  せいぜい1〜3位ぐらいの価値がある仮想通貨ぐらいがベターか。。。


ちなみに時価総額のランキングでは、


1位:ビットコイン
時価総額:$9,041,682,135


2位:イーサリアム
時価総額:$1,145,822,453


3位:ライトコイン
時価総額:$221,625,002


このように1〜3位の間でもかなりの時価総額の開きがある。

17



俺:キャピタル狙いなら2〜3位、いや5位ぐらいまでを狙って買うのもありだけど、
  そこまで冒険する必要もないか・・・



ここまで仮想通貨が伸びてくると通貨として十分に保有出来る所まで来たという感じだろうか。


海外送金をしている人には分かるが、
送金する度に数千円の送金手数料。さらに1回に送金できる額も限られ手間やコストを掛けられている。


仮想通貨の場合はそれらのロスが無くなるのも大きなメリットだと思う。


だがこれは投資というより分散の側面が大きいと思っている。


28




俺:そんな値上がりしたからって・・・
  買って上がったらハッピーって猿じゃあるまいし、投資家ならもう一つぐらい大きなメリットが欲しいな。



そう無作為に買って上がったというだけなら大学生がやっている株レベル。


そこから一歩踏み込んでアービトラージをやったり、ゲートウェイ戦略が取れたり、取引所やマイニングが出来るなら更に投資として魅力が高まるだろう。



だから今のところは、投資というよりは、
資産の分散でドル・円・新興通貨+アルファとして仮想通貨がその場所に着くのかと思う。





▼無料メルマガ(不定期配信)

・ブログでは公開できない裏情報
・マル秘フランチャイズ(FC)ビジネス情報
・海外投資の注意点をメリット&デメリットを含めて説明
・情報統制された海外投資案件の情報(合同会社スキームとは?日本では違法な理由とは?)
・格安海外転売情報 (事業投資案件、海外不動産)

無料メルマガ会員はコチラ
https://www.itm-asp.com/form/?1159

archives/{$ARTICLE_TITLE$}