セブでも日本人、フィリピン人の若者を中心に流行りだしているVape。

紙巻きたばこ
手巻きタバコ
葉巻
アイコス
Vapeとヤマヲも色々試してきた。

Vapeの場合には、
色んな試行錯誤が出来るのでハマってしまう。


さてそんなVapeだが、
一度はみんなも聞いたことが有るだろう。


「Vape爆発」


海外ではこのVapeの爆発事故で指や顔にダメージを負ったとニュースで上がったりする。


Vaper;そんなのちゃんとした使い方してないからでしょ!
    Vape=爆発というのは止めてくれ。

俺;確かに。車の運転を知らずに路上に出れば事故るようなもの。
  使い方や知識が無いとね。


このVape爆発と言うのは、
明らかに危ない使い方をしていたり、質の悪いVapeを使って起こっている事が多い。

vape-god



1;初心者はとりあえずテクニカルMOD(本体)を選ぶ


VapeにはアトマイザーとMODとで構成されるが、
このMODにも様々な種類が有る。

大別するとテクニカルMODとメカニカルMODとなる。


テクニカルMODは、(初心者ー中級者向け)
電子制御付きのチップが内蔵された物。

温度調整や保護回路があるやつ。


メカニカルMODは、(上級者向け)
バッテリーの電圧を直接扱うもの。
筒状・箱型のタイプのMOD。

電圧、電流、抵抗を計算して、
使わないといけない。


この制御があるかないかで、
危険度は一気に違ってくる。


例えば、テクニカルは制御が有るので、
アトマイザー(コイル)やバッテリーがショートしても保護してくれる為、
事故になる事が少ない(絶対ではない)


然し、メカニカルは、
コイルのオームとバッテリーのアンペアの関係が合ったり、
使うアトマイザーによってはバッテリーがショートする事がある。


難しい話は置いといて、
これからVapeを始める人は、テクニカルMODを買えばいいだろう。


スティックタイプ(i care soloとか)
ボックスタイプ、i stock piko とか


2;本物のMODを買う


vapeは何だかんだ中国製。
中国製と言えば、韓国と同じように爆発するイメージがある。


殆どは中国製のMODが主流なのだが、
これにもクローンと呼ばれる偽物?B品と本物(オリジナル)が流通している。

流石にクローンは安いのだが、
それだけ危険が付きまとうと考えて、オリジナルのVapeを購入しよう。


大体3000−4000ペソ程度



3;バッテリーにも注意

Vaoeには結構大きなバッテリーを使う。3.7V 2600mA
それだけ危険があるということなのでバッテリーにも注意したい。

バッテリーのサイズは色々有るのだが、
種類は大きくわけて3つある。

一般的なサイズは18650

ICRバッテリー;使うな危険 死にたいのか!
IMRバッテリー;一般的なバッテリー まあブランドによりケリ
INRバッテリー;最新の規格。セブであるのか?

バッテリーがショートすると、
液漏れを起こしたり、行き成り爆発してエライことにもある。


日本であればソニーやパナソニックの安心ブランドが有るのだが、
セブにはLG、サムスンとか韓国ブランドかノーブランドが中心。


出来るだけブランド品を選び、
IMRかINRの規格のバッテリーを使おう。

(充電回数も500回というのも注意)


IMRバッテリーで450ペソから600ペソ程度(一本)


4;ついでに充電器も大事


テクニカルMODの場合には、
マイクロUSBの端子があってバッテリーを充電することが出来る。


然し、それをするとMOD自体がかなり発熱するし、
危険と言われている。


金は掛かるが、ちゃんとした充電器を購入して使おう。
よく言われるのは、NITECORE、Efest、Xtarのブランドがいいらしい。

間違っても、ノーブランドの充電が出来ているか分からない充電器を使うのは辞めよう。

ヤマヲはNitecoreの充電器を使っているが、
バッテリー2つ充電できるタイプで4つのバッテリーを交互に使っては充電をしている。1000ペソ程度


バッテリー残量が少なくなる前に交換・充電をした方が良いかも。


この様にVapeにも事前に知っておかないといけないことが多い。
これは面倒くさいのだが、爆発して指や歯が吹っ飛ぶ事故が無いように抑えて置きたい。

詳細は上級者のブログやyoutubeを見て欲しい。

Vapeも車と同じように、
扱い方やルールをしって置かないと事故に合うということ。

何だかんだ金はかかってしまうが、
安全の為に最低限の知識と物は必要といえる。




▼無料メルマガ(不定期配信)

・ブログでは公開できない裏情報
・マル秘フランチャイズ(FC)ビジネス情報
・海外投資の注意点をメリット&デメリットを含めて説明
・情報統制された海外投資案件の情報(合同会社スキームとは?日本では違法な理由とは?)
・格安海外転売情報 (事業投資案件、海外不動産)

無料メルマガ会員はコチラ
https://www.itm-asp.com/form/?1159