セブでタクシーを所有する日本人の知人から、
ある話が舞い込んできた。


フィリピンと言えば、以前にブログで取り上げた通り、
Grab,Uberがあってタクシーの様にボッタクリなどのトラブルもなく、
アプリを通じて呼べ便利で、タクシーは使わないなど紹介した。

中には既にGrabやUberを複数所有して運用している人も多いのでは無いだろうか?


あれから月日が流れ、
Grab,Uberともアジアの癌、フィリピン政府によって台数規制され、
新たに登録する事が厳しくなってしまった。


良いドライバーを見つけられない事や、
Grab、Uberに登録出来ないなどの問題もある。


車を買ったものの、
ドライバーが見つからず、スタートできない、
ドライバーが見つかっても登録出来ないという具合。


ではタクシーはどうかと言うと、
こちらもタクシーライセンスの数が決まっており、新たに取得することが、
出来ない?難しいと言われている。


昔は2・3万ペソだったと言われる、
タクシーのライセンスも今はライセンスの売買にはプレミア価格がついているほど。
マニラだと200万ペソするとか、しないとか!?

セブでは80万ペソ、90万ペソとか?


ある意味キャピタルゲインの投資!


maxresdefault



そんな時に冒頭にある様に、
タクシーを所有している日本人の知人からタクシーライセンスの話が入ってきた。


日本人の知り合に依ると、
オーナ仲間が資金繰りの為に、ライセンスを売りたがっているようだ。
(家族の病気で資金が必要らしい)


タクシー事業の場合は、
オーナーがタクシーを営業できるライセンスを所有し、購入した車にライセンス登録することで、タクシーとして運用できる。


タクシードライバーは、
オーナーから車を借りて仕事をする。


その為、ドライバーはリース料金として、
1200ペソから1400ペソ程度を毎日オーナーへ支払う訳だ。
リース料金は労働時間や車の車種、燃費によって異なる。


◯1日売上の例

1日の売上3,500ペソ-4,500ペソ程度(12時間)
オーナーへの支払い 1200ペソ
ガソリン代;1500ペソ-2000ペソ

ドライバーの日給;800ペソ-1,300ペソ


それでは、今回のライセンスについて詳細を説明したいと思う。



◯費用について

・ライセンス数;1台のみ
・ライセンス売却価格;650,000ペソ(約1,360,000円)
・LTFRBの登録費用15,000ー20,000ペソ(約31,000円-約42,000円) 5年更新
・LTO費用(車検)7,000ペソ(約14,000円) 1年更新
・手数料 7% 45,500ペソ(約94,000円)  一回のみ


合計;722,500ペソ(約1,503,000円)


※車は含まないので用意する必要がある。

トヨタのセダン、VIOSの新車で約700,000ペソ(約1,475,000円)
ISUZUのSUVクロスウィンドで約1,300,000ペソ(約2,739,000円)
セダンよりSUVへ移行しつつある。ハッチバック車は不可能


ガソリン代が高くなってきたので、ディーゼル車が良いのと、
荷物を積めるので、SUVが良いらしい。


タクシーを始める為に、ざっくりと約300万円から約450万円ほどいるという感じ。
約2-4年で初期費用をペイできる。



◯その他

・ドライバーは2名体制で用意する必要がある。 24時間稼働する場合
・車のドライバーへのリース費用は1日約2,500ペソほど。
  例;朝1,400ペソ12時間リース、夜1,100ペソ12時間リース


※概算
2,500ペソ×25日=62,500ペソ/月、
年間750,000ペソ(約1,650,000円) これがオーナーの粗利

・ガソリン代はドライバー負担、
・メンテナンス費用はオーナー負担が一般的
・DTI(個人事業主)の登記が必要 フィリピン人名義のみ



まあメンテナンスと言っても、
日本ほど掛からない。


オイル交換;1200ペソ 毎月
タイヤ交換;1本2000ペソ 7ヶ月毎
オーバーホール;2万ペソー4万ペソ 3年毎


これはビジネスなので、あくまでタクシーを始める人が車を用意し、
各種登録作業やマネージメントをする必要が有る。


と言っても、セブに住んでいれば別だが、
日本居住のみんなには、厳しいだろう。


もし希望があれば、
別途費用が掛かるが各種登録手続きやドライバーのマネージメントなどを、
タクシーを既に4台所有している日本人にお願いすることも出来る。


それが一番楽だろう。。。


(知り合いの日本人はライセンスは欲しいが、最近新車を購入してしまい、
資金に余裕が無いと言う事で話しが回ってきた訳だ)


タクシーライセンスも限りがあり、
既にタクシー会社をしているフィリピン人は喉から手が出るほど欲しがるので、
早いもの勝ちとなる。


◯ライセンス売買の流れ

1;購入希望
2;セブに渡航でオーナーと交渉
3;LTFRBにてライセンス状況の確認
4;契約、支払い 出来るだけ早く
5;DTIの設立、車の購入 1ヶ月半ー2ヶ月ほど
6;LTFRBの登録 2ヶ月ほど
7;タクシー運用開始


購入希望者は、このメールにて購入希望の連絡をしてもらいたい。
契約が早く出来る人優先とさせて頂く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名前(フルネーム);
メール;
電話番号;
渡航可能時期;
その他(車の購入代行、登録手続き・マネージメント希望)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



▼無料メルマガ(不定期配信)

・ブログでは公開できない裏情報
・マル秘フランチャイズ(FC)ビジネス情報
・海外投資の注意点をメリット&デメリットを含めて説明
・情報統制された海外投資案件の情報(合同会社スキームとは?日本では違法な理由とは?)
・格安海外転売情報 (事業投資案件、海外不動産)

無料メルマガ会員はコチラ
https://www.itm-asp.com/form/?1159