いまGrab、Uberオーナーが厳しい時を迎えようとしている。
というのも、LTFRBがセブで許可する台数をかなり低く抑えようとしているようだ。
(未確定)

マニラで45,000台
セブで500台
パンパンガで200台

参考
http://newsinfo.inquirer.net/962479/poe-to-ltfrb-explain-cap-on-grab-uber-other-transport-units


すると今までGrabやUberで運用していたオーナはタチマチ厳しい局面を迎えるかもしれない。
なんせ車を買ったもののインカムが無くなる訳だ。


フィリピン人オーナーの場合は、ローンと車が残るのみ。。。
必然的に売却か没収という結果が目に見える。


こうなると利用者はGrabやUberが使えなくなり、
過去の様に嫌なタクシーを利用するという場面が来るかもしれない。


そんな状況の中、このタクシーのフランチャイズの話が来たわけだ。
今のところ1件問い合わせがあるのだが、契約が早く出来る順とさせて貰いたい。


今追加でライセンス数を出せないかオーナと話をしている。
(台数が多いほうが儲かるし)


さて、前回のメルマガではSUVを選んだ方が良いと説明した。
その理由を今回説明したいと思う。

1;水没を回避する為
2;悪路を走る為
3;人数を乗せれる為
4;ディーゼルが使える為
5;荷物を積める為





1;水没を回避する為

雨季の時期にあると道によっては水没する所がある。
SUVだから安心という訳では無いが、少なくともセダンのVIOSよりは車高も高く、
洪水時の影響を受けづらい。


2;悪路を走る為
シティ中心部では舗装された道がほとんどだが、所々陥没していたり、
日本のように整備されていない。

また一歩道を外れると舗装すらされていない場所が結構ある訳だ。

そうした場合、セダンでは底を擦ってしまう場合や、
通れない道も存在する。


3;人数を乗せれる為

セダンは当たり前だが5人乗り、
ドライバーがいるので実質4人。

人数が多い場合だと2台に別れて利用することがある。
台数を分けると目的地に一緒につかなかったり、費用も余計に掛かるなど利用者が不便。


しかし、SUVの7人乗りだと6人までは乗れるので、
それだけアドバンテージがある。


4;ディーゼルが使える為

フィリピンではまたガソリンの税金が上がってしまった。
リッターあたり2.5ペソの値上げ。


リッターあたりの価格は
レギュラー;52ペソ
プレミアム;53ペソ
デイーゼル;43ペソ
場所やメーカーによって価格は多少違うが、今はこれがセブのガソリン価格。

ガソリンと比べると10ペソほど安いので、
それだけドライバーの財布にも優しい。←これ重要


5;荷物を積める為

買物など荷物がたくさんある場合、
それを目的地まで運ぶ必要がある。

セダンのタクシーでは乗り切れない事も有るので、
SUVのような荷物も積める車の方が良い。


そうすると利用者も用事がある時に、
ドライバーに直接依頼でき売上が上げやすい。


このようにSUVを選ぶ理由は大きい訳だ。
一見するとオーナにはメリットが無いように思う。


しかし、ドライバーは車を運転するなら少しでも、
利益に成る方が良い。


つまり上記のメリットで他のタクシーが行けない所に行けたり、
余分にタクシー費用を受け取ったり、個別に依頼があったり、
ガソリン(ディーゼル)費用を節約できたりする訳だ。


ドライバーが儲かるという事は、
それだけリース料金を高めに設定できるということ。


変にケチって中古車や韓国車、
セダンを選ばないほうが後々いい結果に繋がるだろう。
(そうした車を選ぶとメンテナンス代が大変な事に、メンテが必要と言うことは、
それだけ稼働率も悪くなる)



所で昨日のメルマガでは、一日あたりのリース料金、
昼は1400ペソ、夜は1100ペソとしていた。(セダンの場合)


SUVの車を選ぶことで、
例;昼は1800ペソ、夜は1400ペソのようにすることが可能という訳だ。


一日3,200ペソ×25日=80,000ペソ/月 (約176,000円)
年間で960,000ペソ(約2,112,000円)

※祝日やメンテナンス時間を考慮して25日計算


◯SUV(ディーゼル)の価格

トヨタ;フォーチュナー 1,592.000ペソ(約3,500,000円)
三菱;モンテーロ 1,413,000ペソ(約3,100,000円)
いすゞ;MU-X  1,357,000ペソ(約2,990,000円)


SUVのミドルモデルでディーゼル、
価格差から考えるといすゞMU-Xを選ぶ方が良いだろう。


phpoxTjZ5-5a43386d5599f



フィリピンはガソリンの値上げもしたが、
今年から自動車購入時にも価格に応じて20%ー60%値上げしている。

ただ、2017年モデルの在庫があれば、
税金の値上げ前の価格で購入することが出来る。
(在庫が無くなれば値上げ後の2018年モデルのみとなる)

・いすゞ MU-X2.5L 4×2LS 2017年モデル MTの見積もり
https://drive.google.com/file/d/13kRDI2Q5v49OHahxkN-orwtvptUmf7fY/view?usp=sharing

含まれる物
1;LTOレジストレーション 3年
2;保険 1年
3;スモークフィルム
4;シートカーバ(安物ファブリック)
5;フロアーマット
6;10リッタガソリン(ディーゼル)



という事は上記の利益から考えると、
約2年ほどで初期費用をペイ出来る様になる。(メンテナンス費用を除く)



ISUZU公式HP
https://www.isuzuphil.com/products/mu-x

MU-Xスペック
https://www.autodeal.com.ph/cars/isuzu/mu-x/2-5-ls-4x2-mt


MU-X レビュー
http://blog.livedoor.jp/auto2014/archives/1017804701.html


ヤマヲの方でも、
折角の倶楽部メンバーだからということで先行して情報を提供させて頂いた。


ただ、オーナーの方も今回の資金が早く必要と言う事で、
今後はセブサイド(フィリピン人やタクシー会社)でも案内する形に成るだろう。


というわけで、先に他が決まってしまった場合は申し訳ない。
(オーナーが他にも売りに出してくれれば別だが)




購入希望者は、このメールにて購入希望の連絡をしてもらいたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名前(フルネーム);
メール;
電話番号;
渡航可能時期;
その他(車の購入代行、登録手続き・マネージメント希望)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



◯よくある質問

Q;車の名義はどうなるか?
A;オーナー自身となる


Q;ローンは組めるか?
A;フィリピン居住者じゃないと難しい


Q;保険はどうなるか?
A;新車で購入すると1年の保険が契約できる。
  その後、民間の保険会社と要相談。またLTO更新時の強制加入保険がある。


Q;車の保管場所は?
A;運用の仕方によるが、委託する場合はガソリンスタンドのスペース。


Q;その他掛かる費用は?
A;最低必要な機材はタクシーのトップ(表示板)とメーター、シートカーバー、
 ビニールマット。  概算で5万ペソ程度

 あれば良いのが、ドライブレコーダ、バックカメラとGPSトラッキング、スマホ。
 もし事故した場合のエビデンスとしてドライブレコーダは使える。

 バックカメラは事故らないために汗
 GPSはドライバーが何処にいるのか調べられる
 スマホはGrabタクシーをするのに必要。



Q;;委託した場合の費用は?
A;;要相談


Q;メンテナンスはどうなるか?
A;街の車整備所かディーラー、オーナの判断による。


Q;メンテナンス費用の支払いは?
A;受け取ったリース料からの精算


Q;ライセンスを1つ以上買うことは出来るか?
A;オーナーと交渉中


Q;個人事業主の名義はどうすれば良いか?
A;フィリピン人に名義を借りるか、タクシーを経営している会社名義を借りるか。



▼無料メルマガ(不定期配信)

・ブログでは公開できない裏情報
・マル秘フランチャイズ(FC)ビジネス情報
・海外投資の注意点をメリット&デメリットを含めて説明
・情報統制された海外投資案件の情報(合同会社スキームとは?日本では違法な理由とは?)
・格安海外転売情報 (事業投資案件、海外不動産)

無料メルマガ会員はコチラ
https://www.itm-asp.com/form/?1159